事例01

  • 研修プログラム
  • 組織運営|自動車ディーラー

ディーラー店長のPDCAマネジメント

課題
ある自動車ディーラーの現場店長の多くがPDCAを正しく理解できていないため、自らPDCAサイクルを回すことができない、組織の活性化に向けたリーダーとしての役割と方法を考えていないなどの課題認識が示されていました。
取組
本社人事部門・営業推進部門の方々や東京海上日動の営業担当との打ち合わせを重ね、「ディーラー店長のマネジメント」研修の標準プログラムをベースに、「目標達成力」と「組織活性化力」の2つにフォーカスしたうえで、とくにPDCAのP(Plan)作りに重点を置く研修内容とすべく大幅なカスタマイズを行いました。
成果
事前に行った多面観察調査のフィードバックや負荷のかかるグループ演習を通じ参加者に自ら考えていただくことによって、それまでの日常のマネジメントスタイルからの脱皮のきっかけになったものと思います。とくに、最重要テーマであった「PDCAのPのなんたるか」については大きな気づきを得ていただいたものと考えます。先方の研修事務局からも「PDCAという言葉の『一人歩き』状態が是正されマネージャー層に腹落ちしたのではないか」とのコメントをいただいています。
講師
荒川 貴浩

研修事務局の皆さまとの強い一体感、
達成感を覚えた記憶に残る研修に

メインの2つのグループ演習において、ケース事例の設定と当日のファシリテーションに関し、本社幹部の皆様には多大なご協力をいただくことになりました。結果的に関係者の方々と一体となって研修を作り上げることとなり、会社の「人を育てる」ことに対する熱い思いが、参加者にも確実に伝わったことが実感できる思い出深い研修になりました。

▲ Page Top