事例06

  • 研修プログラム
  • 個人スキル|一般企業

リーダーを目指す女性社員向け講座

課題
意欲・能力ある女性社員の活躍は、企業の成長を促す原動力となります。然しながら、漠然とした不安やロールモデルが周囲にいないなどの理由から、キャリアアップを躊躇してしまうという現状があります。
取組
女性リーダーとして求められる役割を理解し、その特性を活かしながら、個と組織双方の成長につながる「マインド」「スキル」「知識」を学ぶという組立てにしました。テーマは個社の状況に応じて選定しますが、本事例では、女性リーダーへの不安感を払しょくし、組織マネジメントとリーダーシップについての理解を深めることを第一義とし、研修で学んだことが行動変容につながるよう、演習を多用した実践的なプログラムとしました。
成果
リーダーシップとは何か、メンバーのやる気と能力を引き出すコミュニケーション力、組織ビジョンと個のキャリアビジョンを統合し役割期待に応える等、組織を意識しつつ、自身の在り方を深堀りしました。参加者同士が悩みや課題を共有しつつ、グループ演習に取組むことにより、多くの気づきを得ていただくことができました。(アンケート例:リーダーという立場を画一的に捉えていたが、様々なスタイルがあり、自分の強みを活かすことが組織の多様性として貢献できると気づき、チャレンジ意欲が湧いた。)
講師
植竹 京子

「リーダーを目指す」、「リーダーを目指して欲しい」
女性の背中を押すための研修です!

◆リーダーを目指すことへの覚悟と自信がつきます。
◆求められる役割・期待は何かを理解したうえで、自分らしいリーダーシップを発揮するための気づきを得ることができます。
◆グループ演習を通して、多様性を体感し、切磋琢磨しあう場となります。

▲ Page Top