事例06

  • 研修プログラム
  • 個人スキル|一般企業

仕事の効率を上げるタイムマネジメント研修

課題
「仕事が計画通り進まない」「限られた時間の中で効率良く仕事を進めたい」「最近イライラする/落ち込むことが多い」など、部門(企画・管理、設計・製造、営業等)を問わず共通の悩みがあるのではないでしょうか。
取組
この研修では、仕事のビジョンを実現し目標を達成するための効果的・効率的な時間の使い方を学びます。ケーススタディーやグループディスカッションを通じて、限られた時間の中で仕事や自己をうまくコントロールするためのシンプルなコツを押さえます。日々の仕事ぶりを振り返り、翌日からの仕事の計画・進め方を個人とチームそれぞれの視点から考え、より良いやり方へ具体的に変えていく“実践”に焦点を当てたプログラムです。
狙い
個人の仕事のやり方に加え、チーム(組織)で生産性を向上するために必要なことを理解していただきます。先ず、自分自身で効果的・効率的に時間を使っていくための具体的なスキルを身につけて、一定時間内で得られる成果を高めます。次に、生産性の高い組織づくりに必要なコミュニケーションスキルを理解し、自ら組織変革の起点となって行動する契機としていただきます。
講師
吉澤 英雄

生産性向上へのモチベーションを高め、
自己変革の契機にしていただくプログラムです

研修に参加された皆様が、自ら主体的に行動し、仕事の遣り甲斐を高め、自己成長を果たすことを目的としています。研修参加後、職場に劇的な変化を起こし、生産性向上による成長を実現し、一人ひとりが充実した生活を手に入れることを目指します。

▲ Page Top